RSS

ストレッチポールって何?

〜ストレッチポール〜

人間が二足歩行をはじめたときから、
日常生活の中で最も酷使されているのが
脊柱とその周りの筋肉群です。

人間の身体の中で、背骨にかかる負担が最も大きいのは
身体の中で一番重い頭部を支えているためです。

その結果、脊柱の前湾を矯正しようとして、筋肉や靭帯に負荷が掛かり
脊柱起立筋が疲労して硬くなることで、肩こりや腰痛を引き起こすと言われています。

その『コリ』は体幹部(コア)、つまり身体の奥深くにあります。

腕や脚の疲れならストレッチで簡単にほぐせますが、
この手の届かない奥深くの『コリ』は通常ではなかなかほぐしきれません。


このほぐしきれなかった体幹部(コア)をほぐすのがストレッチポールです。
ストレッチポールは、アメリカでは『フォームローラー』と呼ばれる
低密度発泡ポリエチレン製の円柱型のフィットネスアイテムで
元々はアスレティックトレーナーがプロスポーツ選手のために
考案したものです。


ストレッチポールの一番のこだわりは、その硬度と粘性です。

背中の運動を妨げないように、背骨の荷重を吸収しつつも
沈み込ませずに支える硬さ
、これこそストレッチポール最大の特長です。

しかし、一般的な「発泡スチロール」や「発泡ウレタン」では、
この≪大きさと形状≫と≪硬度と粘性≫の両方をあわせ持つ製品には
とうていできませんでした。

そして、試行錯誤を繰り返し、低密度発泡ポリエチレンを使って
理想の硬度と粘性をあわせ持つ芯材が完成したのです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ストレッチポールの芯材

そのストレッチポールを使ったコア・エクササイズはプロ野球やサッカー・バレーなどスポーツ界に
驚く早さで広まり、選手やコーチの口コミで、治療院や大学病院・フィットネスクラブなどでも幅広く使われるようになりました。


老若男女誰もが気軽にできて、現代人の多くが悩む、
背中や肩、腰などのコリがスッキリする


これがストレッチポールです。

LPN ストレッチポールEXの詳細・ご購入はこちら


ろくせんTOP

ページトップへ